春の妖精〜Spring Ephemeral〜



ヤマエンゴサク (Corydalis lineariloba) 蝦夷延胡索
ケシ科 キケマン属。 属名はギリシャ語の”korydalis(ひばり)”に由来。小種名は"linear(線状に)"+"loba(浅裂した)"の意味となります。
和名は漢字名からだが、本家中国でも"延胡索"の由縁について確たる説はないようである。別名は「ヤブエンゴサク」。

※ 私がお世話になっているプロの人から 『ヤマエンゴサクを確認のため他県まで出掛けたが、苞葉が大きく切れ込み、当地で見られる種とは明らかに相違がある。 当地では未だに確認できていな い。』との助言がありました。
屁理屈を付けて掲載継続も考えましたが、『ヤマエンゴサク』と判断した写真の削除 をしました


この種の同定ポイントを外観上の特徴として「下唇弁の切れ込み」、「苞葉の派手な切れ込み」を多くの図鑑等が指摘しています。「小葉云々」については変化 が大きい・・・と書き捨てています。

『エンゴサク』の仲間は同定ポイントとなる部分でさえ個体差が大きいことも多くの図鑑等が指摘しています。ネット上の写真ではあまりはっきりしていない「下唇弁の切 れ込み」、「苞葉の派手な切れ込み」の個体に対しても『ヤマエンゴサク』と紹介しているページもあります。


草本トップ
木本トップ
春の妖精トッ プ




inserted by FC2 system