春の妖精〜Spring Ephemeral〜



シロバナオトメエンゴサク(Corydalis fukuharae f. albescens)白花乙女延胡索 
ケシ科 キケマン属。 属名はギリシャ語の”korydalis(ひばり)”に由来。小種名は日本人に対する献名でしょうが人物は特定できませんでした。品種名は「白味がかった、白っぽい」の意味です。

和名の変遷については、長いので省略します。本篇『弥彦山脈とその周辺に咲く花たちー 草本ーケシ科キケマン属」の「オトメエンゴサク』 の項を参照してください。


こちらは花が一つだけ、その花が非常に大きく(長さ5cm位)別種かと思いましたが、『エンゴサク』の仲間でよいようです。『シロバナオトメエンゴサク』 の個体差とした理由は参考目録やYlistには『ミチノクエンゴサク(Corydalis orthoceras)』や『ヤマエンゴサク(Corydalis lineariloba var. lineariloba)』には白花変化品の記載がないことによる消去法です。どちらかの個体差の可能性は残っています。


草本トップ
木本トップ
春の妖精トッ プ




inserted by FC2 system