春の妖精〜Spring Ephemeral〜



コシノコバイモ(Fritillaria koidzumiana) 越の小貝母
ユリ科バイモ属。 小種名は日本の植物分類学の基礎を築いた人物の一人「小泉源一」氏への献名。

弥彦山塊では散発的に見られる。もともと大きな群落は作らないようである。古名の"カタカゴ"はこの仲間の総称だった・・・として、さらに"カタクリ"と は最初のころはこの種の仲間の名前だったする説がある。
この説について検討しています。興味ある方はこちらをご覧ください。




草本トップ
木本トップ
春の妖精トッ プ




inserted by FC2 system